【前立腺がんにご用心】転移する前に検診で症状と危険因子を発見

二人の医者

男性に要注意のがん

危険な前立腺がんが転移するサインを見逃さないことが重要です。定期的に検査を受けて、体の異常をイチ早く掴みましょう。

看護師

がんは、その種類の中でも進行をすると転移をしやすい傾向があります。前立腺がんもその1つで、前立腺の内部にできている場合と外側に広がる場合とで傾向が違ってきます。外側に広がる場合では、骨に転移する可能性が高くなります。背骨や除骨に骨盤などがその部分となり、転移の大部分を占めているのが骨です。前立腺がんで転移した場合の治療は、その部分によって方法が異なります。骨の場合はホルモン療法が行われ、放射線治療でがんを抑えていくようにします。前立腺がんで次に多いのがリンパ節です。骨盤内にあるリンパ節に転移してしまい、これも同じくホルモン療法で治療が行われます。前立腺がんは内部にできている場合でも、前立腺の部分と一緒に転移を考えて精嚢も摘出される場合が多いです。今後の危険性を考えれば、早めに治療を受けていかなければいけません。

前立腺がんは、今の日本で急激に男性患者が増えてくるようになりました。1970年代と比べてもその数は驚異的な増加を示し、2006年の時点でも年間42,000人の患者が確認されています。特に年齢を追うごとに発症の確率が高くなり、50歳以上でだんだんと目立ち始め、60歳代後半では男性患者のがんの1位を占めているのです。前立腺がんがここまで増えてきた理由は、欧米化の食生活や高齢化の影響が考えられます。高齢化になるにつれて危険性は高まるので、特に男性は気を付けなければいけません。前立腺がんの症状としては、頻尿や残尿感などが挙げられます。自分の年齢や排尿の違和感で疑いが強くなるため、早急な受診が必要です。前立腺がんが転移しやすい特徴などを把握していれば、なお意識していけるようになります。転移がんは初期の状態で治療をするのが一番となるので、早めの対処が求められます。

高水準な医療

病院内

肝臓は生命の維持のための重要な役割を、いくつも持ちます。そのため、肝臓ががんに侵されると、生命が危険にさらされる確率が高くなります。幸いにも、日本の肝臓がんに対する医療技術は非常に高水準であり、極早期発見も可能になりました。将来はさらに研究が進み、肝臓がんに対する生存率が高まることが期待されます。

症状と危険因子

看護師

胃がんは生存率が上がってきたものの、まだまだ危険な病気であることに変わりありません。初期症状は余り無いことも多く、あったとしても胃炎などとよく似た症状のため、放置されやすいです。胃がんは胃炎や胃潰瘍から発症するケースがほとんどなので、ストレスや食塩の過剰摂取に注意しましょう。

放射線治療がある

笑顔の女性

がん治療に放射線が使われることがあります。放射線を病巣に当てて、がんを小さくしていく治療法です。体の外側から放射線を当てる方法と、体の中から放射線を当てる方法があります。どちらの方法を使っても、患者さんの体に負担をかけないのがメリットです。